Content

コーヌス・金属床義歯

コーヌス義歯とは正式にはコーヌステレスコープ義歯といいます。
部分入れ歯のケースで、歯にはり金を引っかけて入れ歯を支えるという通常のやり方ではなく、まず支えの歯に内冠という、かぶせ物をし、その上に外冠 (通常のクラウンの形をしたもの) をかぶせ、それと義歯部がつながった設計となっています。

コーヌス義歯

特徴

はり金がないので見た目で部分入れ歯が入っているとは分らない。

自分の歯でしっかり入れ歯を支えるので、入れ歯が動かず、自分の歯のような感覚で物を噛むことができる。

支えの歯が悪くなって抜歯されても、通常は修理にそのまま使用可能である。

インプラントの出来ないケースでよく応用され、費用もインプラントと比較すると安価で
ある。

内冠が入った状態

コーヌス義歯がsetされた状

内冠が入った状態

コーヌス義歯がsetされた状

通常のはり金で支える入れ歯

コーヌス義歯

費用
・内冠、外冠 (金の合金) 1セットで1本7万円(税込)
・義歯部(歯のない部分)ない歯の数や設計により5万円〜10万円(税込)

金属床義歯

コーヌス義歯のように自分の歯を削って作るやり方はいやだが、保険の入れ歯よりは薄くて丈夫な入れ歯を入れたい方におすすめです。
費用もコーヌス義歯より安価で短期間で入ります。

費用
コバルト・クロム床 200,000円(税別)
金床          400,000円(税別)

PAGE TOP